infomation

法人がフランチャイズに加盟するメリット・デメリット

メディア掲載

法人がフランチャイズに加盟するのは、メリットもあればデメリットもあります。

この記事では、フランチャイズの仕組み、直営店との違い、業種ごとのロイヤリティ相場、そして成功するためのポイントについて解説します。

法人がフランチャイズに加盟するメリット

法人が新規事業をフランチャイズで始めることには、次の3つのメリットがあります。

  • 新たな収益源の構築

未経験の分野でも、フランチャイズ本部のブランド力やノウハウを活用することで、リスクを抑えてスムーズに新規事業を立ち上げることが可能です。

  • 社員教育を兼ねた新規事業の展開

フランチャイズのノウハウを利用することで、社員教育にも役立てることができます。これにより、社員のスキル向上を図りながら新規事業をスタートさせることが可能です。

  • 迅速なノウハウの取得

フランチャイズ本部が蓄積してきた豊富なノウハウや技術を効率的に得られます。余計なコストや失敗を避けながら、ノウハウを得ることが可能です。

法人がフランチャイズに加盟するデメリット 

法人が新規事業をフランチャイズで始めることには、もちろんデメリットもあります。代表的なものが、「自社独自の技術・ノウハウの開発の難しさ」です。

フランチャイズでは、本部と加盟店の情報共有が重要です。加盟店で開発されたノウハウや成功事例は本部に吸い上げられ、他の加盟店にも共有されます。

これによりチェーン全体の競争力が高まりますが、自社独自の技術やノウハウを開発し、蓄積することが難しくなるのはデメリットです。

法人向けにあらためてフランチャイズの仕組みを解説

ここで改めて法人向けにフランチャイズの仕組みを解説します。

フランチャイズとは

フランチャイズとは、個人事業主や法人がフランチャイズ本部からブランド力のあるサービスや商品、店舗運営のノウハウなどを受け取り、その対価としてロイヤリティを支払うビジネスモデルを指します。

フランチャイズは現在広く普及しており、その業種は多岐にわたります。具体的には、コンビニエンスストアやカー用品店、パン屋などの小売業、ハンバーガーや牛丼、レストラン、カフェ、居酒屋などの飲食業、さらには清掃サービス、学習塾、内装リフォーム、写真プリントなどのサービス業にも広がっています。

フランチャイズに加盟すると、商標やロゴの使用権、経営ノウハウ、本部からの教育などが一括して提供されます。これにより、誰でもフランチャイズチェーンとして開業することが可能です。

直営店と加盟店の違い

チェーン店には、直営店と加盟店の2種類が存在します。フランチャイズとも呼ばれるのは「加盟店」のほうです。

直営店とは、企業が自社の商品やサービスを直接販売し、運営する店舗のことを指します。直営店はレギュラーチェーンとも呼ばれ、「RC」と略されることもあります。

直営店が得た収益は企業のものとなり、出店は企業戦略に基づいておこなわれるのが一般的です。

ロイヤリティの相場

フランチャイズで重要な要素であるロイヤリティには、主に3つの種類があります。

  • 売上歩合方式

最も一般的な方式で、売上に対して一定の割合をロイヤリティとして支払います。

  • 粗利分配方式

粗利益に対して一定の割合をロイヤリティとして支払う方式です。

  • 定額方式

売上に関係なく、一定額をロイヤリティとして支払う方式です。この方式は売上が大きい場合にメリットがありますが、売上がゼロでもロイヤリティが発生するため、契約時には注意が必要です。

業種ごとのロイヤリティ相場の目安は以下の通りです。

業種方式の傾向相場特徴
飲食店売上歩合方式3〜10%人件費や原価率が高いため、他の業界と比べると相場は低め
不動産サービス業定額方式月に約10万円~20万円程度知名度のあるチェーンに加盟するパターンが多い
コンビニエンスストア粗利分配方式30~60%本部の方針や店舗の規模によって異なる
リラクゼーション、マッサージ業売上歩合方式3~10%相場は低め
学習塾売上歩合方式10~30%原価がかからないため、やや高めに設定されることが多い

法人がフランチャイズに加盟する際の注意点

法人がフランチャイズに加盟する際は、以下の2点に注意しましょう。

業界やビジネスモデルを吟味する

フランチャイズを選ぶ上で検討すべき主な要素は、業界の種類、必要な自己資金、働き方、業界の将来性、ロイヤリティ、経営の自由度などです。

業界経験者や既にフランチャイズに加盟している人の体験談も大いに参考になるので、ネットで調べたり、直接話を聞くなどして、徹底的に情報収集をおこないましょう。

契約内容を十分に確認する

資料請求や問い合わせを行い、フランチャイズの候補が見つかったら、次は契約内容に疑問点や問題がないかを十分に確認を取りましょう。

特に、競業避止義務の条項には注意してください。競業避止義務とは、フランチャイズ契約が終了した後も、同じ場所で同じような事業を続けることを禁止する規定です。

これはフランチャイズ本部がフランチャイズ事業の独自性や競争力を守るために設けるものです。

競業避止義務の範囲や期間、適用地域などを含む契約内容をしっかりと確認し、自社の事業計画や将来的な展開に影響がないかを慎重に検討しましょう。

これから伸びるフランチャイズ7選

最後に、これから伸びるフランチャイズ7選を紹介します。

飲食

衣食住のニーズは永遠になくならないため、飲食業のフランチャイズは将来的にも需要が伸び続けると予想されます。

競争が激しく、レッドオーシャンと感じるかもしれませんが、ジャンルの多様化により適切なジャンルを選べば十分に成功のチャンスがあります。

例の1つとして、弊社がおこなっているフランチャイズ『麺屋・國丸』は、味噌ラーメンを看板メニューとする専門店です。

「飲食店」「ラーメン屋」というジャンルではレッドオーシャンのイメージが強いですが、実は味噌ラーメンを専門にする店舗はそう多くありません。味噌は原因がぶれやすいため、リスク回避のために看板メニューには選ばれないのが原因です。

しかし、適切なノウハウがあれば、美味しい味噌ラーメンを安定して出し続けることはできます。競合が少ないので、出店エリア次第では市場をほぼ独占できる見込みが高いのです。

麺屋・國丸のフランチャイズにご興味がございましたら、以下のバナーから詳細をご確認ください。

ハウスクリーニング

ハウスクリーニングは家庭の掃除を行うサービスです。共働き世帯が増えているため、家の掃除に時間が取れない家庭が増えています。そうした家庭で人気なのがハウスクリーニングサービスです。
エアコン専門や室内全般を扱う業者があり、どちらも予約待ちが発生することが珍しくありません。

内閣府の調査によると、共働き世帯は30年以上増加傾向にあり、今後も増えると予測されています。ハウスクリーニングは対応できるエリアが限られているため、早期参入すれば市場シェアを獲得するチャンスがあるでしょう。

「人生100年時代における結婚と家族」(内閣府)

結婚カウンセラー

日本では晩婚化が進んでおり、その理由の一つに「結婚したい相手に出会えない」という声が多くあります。つまり、結婚への関心がなくなったわけではなく、ただハードルが高くなっているのです。

理想の結婚相手を探す手助けをするのが結婚カウンセラーの仕事ですので、需要はむしろ高まっています。

また、ビジネスモデルとしても入会金、月会費、成婚料などの高単価な収益ポイントが複数あり、非常に収益性の高い分野です。

ペット葬儀 

ペットが亡くなった際の処理方法はまだ社会的に確立されていません。自治体に問い合わせても、適切な対応が得られないことが多く、飼い主にとっては非常に辛い経験となります。こうした問題を解決するため、ペット葬儀を行う会社があります。理念に共感し、使命感を持つ方にはフランチャイズ加盟の検討をお勧めします。

インドアゴルフ練習場

ゴルフは元々一定のソーシャルディスタンスを保ってプレイするスポーツであり、コロナ禍でも安全な娯楽として人気がありました。

しかし、頻繁にゴルフ場に通える人は少ないため、インドアゴルフ練習場のニーズが高まっています。

防音対策や安全対策が施された建物内にゴルフシミュレーターを設置し、室内で快適に練習できる環境を提供します。

ゴルフ好きな方はこのようにインドアゴルフ練習場のフランチャイズ経営に参入するのも手でしょう。

訪問マッサージ

日本ではかつて、寝たきりの人々の多くが病院で過ごしていましたが、政策の変化により自宅での療養が求められるようになりました。そのため、高齢者向けの在宅マッサージの需要が今後増えると予想されています。

訪問型のため、店舗を持つ必要がなく、低コストで開業できる点も魅力です。

介護・宅食・御用聞き

訪問マッサージと同様に、介護サービスの需要も増え続けると見られています。また、高齢者向けの宅食や御用聞きサービスもニーズが高まるでしょう。

宅食サービスは、高齢者だけでなく忙しい若年層からの需要もあります。開業資金は50万円から300万円が相場です。

御用聞きは、日常の小さな困りごとを解決するサービスで、顧客との信頼関係を築けばリフォームなどの高単価な商品の販売も可能です。開業資金は100万円から300万円程度です。

ラーメン店のフランチャイズなら株式会社國丸にご相談ください

ラーメン店のフランチャイズを成功させるために、重要な工程の1つが「企業選び」です。

世間のニーズやブランド力、初期費用、強み、サポートなど、多くの観点から企業を吟味し、契約先を選ぶ必要があるでしょう。

その点、株式会社國丸では味噌ラーメンを看板メニューとした店舗を全国で展開しています。

サポート面に関しても、外観・内観・内装イメージ作成、調理オペレーション、研修制度の他、オープン後も本部スタッフが現場で手厚く支援をしています。

ラーメン店のフランチャイズでしたら株式会社國丸にお気軽にご相談ください。

お知らせ一覧へ