infomation

ラーメン店経営の難しさって何?成功に必要な最低条件とは

メディア掲載

巷では「ラーメン店の経営は難しい」という声が少なくありません。そこでこちらでは、改めてラーメン店経営の難しさとは何なのかを解説します。さらに、ラーメン屋を成功させるために必要な最低条件についても解説するので、参考にしてください。

ラーメン店経営の難しさ4選

ラーメン店経営の難しさとして代表的なもの4選を紹介します。

競合が多い

ラーメン店経営の難しさの一つに、競合が多いことがあります。特に都市部や人通りの多いエリアでは、飲食店の数が極めて多く、ラーメン店同士の競争が非常に激しいです。

そういった状況下では、それぞれが味、価格、店の雰囲気、接客の質などで差別化を図る必要があります。

気軽に移転できない

ラーメン店の経営では、初期投資として店舗内装や厨房機器などへのコストがかかるため、一度店舗を設立すると、その立地からの移転が困難になります。

これは飲食店特有の問題で、集客が上手くいかなかったとしても、高額な設備投資がネックとなり、容易に移転ができないのです。

また、店舗の導線設計は初期段階でしっかりと計画する必要があるので、後から変更を加えることは、さらなるコストと時間を要します。

このような状況を避けるためにも、ラーメン店を開業する際は、事前の市場調査や立地選定を十分におこなう必要があります。

人材不足になりがち

ラーメン店経営では人材確保が大きな課題となることがあります。なぜなら、ラーメン屋に対してネガティブなイメージを持つ人が少なからずいるからです。

たとえば、厨房の労働環境が汚い、服にニオイがつく、長時間労働が必要、忙しさによるストレスがあるなどのイメージです。

業務量が膨大にある

通常、ラーメン店の業務は「昼営業」、「夜営業」、そしてその間におこなう「仕込み」に分けられます。これにより、昼夜問わず労働時間が長くなり、店主や従業員の負担が大きくなりがちです。

他にもスタッフのシフトを考えたり、食材の発注や在庫管理、スタッフの教育、新メニュー開発、SNS運用など、細かな業務まであげるとキリがありません。

ラーメン店経営を成功させるため最低条件

ここではラーメン店経営を成功させるための最低条件を4つ紹介します。

競合が少ない立地

ラーメン店経営において、立地は成功の鍵を握る要素の一つです。特に、競合店の数が多い地域では、いくら人通りが多くてビジネスチャンスに恵まれていても、勝ち残り続けるのは

難しいでしょう。

逆に、競合が少ない地域では、店舗が目立ちやすく、ラーメン店として勝ち残れる可能性が高まります。

有名なラーメン店であれば、人里離れた場所でもファンが訪れることがありますが、新規店舗の場合はそのような来客はほぼ期待できないでしょう。

したがって、新規のラーメン店が成功するためには、とにかく競合が少なく、来店しやすい立地を選ぶことが懸命です。

競合が少ない味

ラーメン店を成功させるためには、立地はもちろんのこと、味の競合にも十分注意する必要があります。近所に同じ味を看板メニューにするラーメン店が溢れかえっていれば、差別化をするのが難しくなるでしょう。

その点、味噌ラーメンは日本で広く愛されているラーメンの1つですが、意外にも専門店は限られています。たとえば、マルハニチロが2018年におこなった調査では、味噌ラーメンが「好きなラーメンの味ランキング」で常に上位にランクインしているのです。

また、ビジネスパーソン向けの「OTONA LIFE」や女性向けの「macaroni」などのメディア調査でも、味噌ラーメンは常に高い評価を受けています。

にもかかわらず、都市部では特に、醤油や豚骨といった他のラーメンが主流を占めています。味噌ラーメンを看板メニューにする店舗は圧倒的に少ないのが実情です。

そのため、これからラーメン店を始める場合は、味噌ラーメンを主力にすることで、競合が少ないニッチ市場を狙える可能性があります。

商品の高いクオリティ

ラーメン店経営において、当然ながら、商品の品質は非常に重要です。顧客が店を訪れる最大の理由の一つは、間違いなくラーメンそのものの味だからです。

特に、立地条件が良くない場合は、そういったネガティブな要素を補えるほどの魅力的な味がなければ、わざわざ足を運んでもらうことは難しいでしょう。

現実的な話ですが、近年はレトルトやインスタントのラーメンを手軽に手に入れることができ、それらの品質もかなり向上しています。

そのため、ただ美味しいだけでは不十分であり、家庭や他店では味わえない独自の価値を作り出す必要があるでしょう。

接客の高いクオリティ

ラーメン店における接客の質は、美味しいラーメンを提供することと同じくらい重要です。どれほど料理の味が優れていても、サービスが悪ければ顧客の満足度は下がり、リピーターを確保することが困難になるからです。

たとえば、

  • 店内の清潔さが保たれていない
  • スタッフの態度が悪い
  • 待ち時間が異常に長い
  • 品切れが多い

などの問題は、間違いなく店のイメージを悪くします。単純にスタッフがミスをしただけであれば、謝罪で済むこともあるでしょう。しかし、こういった問題を放置し続ければ、やがて不満の矛先は店長やオーナーへと向きます。

したがって、ラーメン店経営においては、スタッフが常に高水準のサービスを提供できるように、定期的な研修や評価をおこなうことが不可欠です。

財務状況の把握・分析

ラーメン店経営において、財務状況の把握と分析は極めて重要です。オーナー(または店主)がきちんと決算書と向き合うことにより、収益性や経営の安定性を計れるようになります。

実際、経常利益が黒字であっても、その背後に隠れた経営上のリスクや問題を見逃してしまい、やがて廃業に追い込まれるケースは珍しくありません。

例えば、売上が安定して立っていたとしても、スタッフが頻繁に入れ替わるせいで、採用コストが膨らみ、実は経営を圧迫しているなどのケースです。

このような状況を避けるためには、個人経営の店舗であっても決算書を詳細に分析し、財務状況を常に把握・分析する必要があります。

条件がクリアできるラーメン店

ラーメン店経営の難しさを軽減できるのがフランチャイズ

先にあげたようなラーメン店経営の難しさを軽減できる方法の1つが、フランチャイズ開業です。そこでこちらでは、ラーメン店をフランチャイズ開業するメリットを3つ紹介します。

圧倒的な集客力がある

ラーメン店をフランチャイズ開業する利点の一つは、圧倒的な集客力です。フランチャイズチェーンは既に市場での認知度とブランド価値を確立しているので、それらをフル活用した状態で開業できます。

ブランドの力を借りれば、開業初日から一定の顧客流入を見込めるので、マーケティングや宣伝にかける初期投資を大幅に削減できるでしょう。

開業までの膨大な業務を削減可能

フランチャイズ本部のサポートにより、店舗デザイン、内装、厨房設備の手配、仕入れ先との交渉、さらにはメニュー開発まで、開業するまでに発生する作業の大部分をショートカットできます。

これにより、個人で一から始める場合と比べて負担が大幅に軽減され、店主はより店舗の経営に集中できるでしょう。

実績に基づいたマーケティング力を頼れる

フランチャイズ本部は、ラーメン店を成功させるために、過去にさまざまな施策をおこなっています。どのようなマーケティング戦略が効果的であるかを熟知しており、店主はそれらのノウハウを惜しみなく活用できるのです。

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: %E9%A3%B2%E9%A3%9FFC%E5%8A%A0%E7%9B%9F%E5%8B%9F%E9%9B%86HP%E3%83%90%E3%83%8A%E3%83%BC-3.png

ラーメン店のフランチャイズ開業なら麺屋・國丸

ラーメン店をフランチャイズ開業するのであれば、どのフランチャイズブランドを選ぶかは慎重に考える必要があります。需要、ブランド力、初期費用、強み、サポートなど、多くの要素を比較しましょう。

当社が運営するラーメン店の『麺屋・國丸』は、味噌ラーメンを看板メニューとする全国的にも希少なフランチャイズブランドです。

フランチャイズ展開して間もないですが、すでに多くの店舗が成果を上げており、月商1000万円も十分に目指せるビジネスモデルになっています。

外観・内装デザイン、調理オペレーション、研修制度など、幅広い面でサポートがあり、オープン後も本部スタッフが現場で積極的な支援をおこなっています。ラーメン屋のフランチャイズ開業を検討中の方は、ぜひ一度麺屋・國丸の詳細をご確認ください。

お知らせ一覧へ