infomation

ラーメン屋はやめとけと言われる理由5選|開業の現実とは

メディア掲載

今や日本の国民食として大人気のラーメンですが、働く側になることを考えると「ラーメン屋はやめとけ」とネガティブな意見を持つ人が少なくありません。

本記事ではラーメン屋はやめとけと言われる理由、ラーメン屋開業の現実を紹介する他、ラーメン屋を開業するメリットも紹介します。

ラーメン屋で働くことやラーメン屋開業に興味がある人は参考にしてください。

ラーメン屋で働くのはやめとけと言われる理由5選

まずは、ラーメン屋で働くのはやめとけと言われる理由5選を紹介します。

とにかく多忙である

ラーメン屋の仕事は非常に忙しく、特にピークタイムには目が回るほどの忙しさです。注文が途切れることなく続き、調理や接客、後片付けといった多岐にわたる業務を同時にこなす必要があります。このため、体力的にも精神的にも疲弊しやすい環境です。

匂いや暑さが厳しい

ラーメン屋では、基本的に強い匂いと高温の中で働くことが求められます。ラーメンのスープや具材から発生する匂いは衣服や髪に染みつきやすく、また厨房は熱気がこもりやすいため、常に暑さとの戦いです。

空調のある店舗がほとんどですが、それでも快適な労働環境とは言い難い店舗もあります。

高い接客スキルを求められる

ラーメン屋では、迅速かつ丁寧な接客が求められます。お客様の注文を的確に受け取り、迅速に提供するだけでなく、笑顔で対応することが求められます。また、常連客とのコミュニケーションも重要であり、接客スキルの高さが重要です。

細かな注文に対応する

ラーメン屋では、お客様からの細かな注文に対応する必要があります。例えば、麺の硬さ、スープの濃さ、トッピングの種類など、多種多様な注文が飛び交います。これらの細かな注文に迅速かつ正確に対応するためには、注意力と記憶力が必要です。

男社会の風潮がある

ラーメン業界は、伝統的に男社会の風潮が強いとされています。厳しい上下関係や男性中心の職場環境が残っていることが多く、女性や若い世代が働くには厳しいと感じることがあります。

ラーメン屋を開業するのはやめとけと言われる理由6選

続いて、ラーメン屋を開業するのはやめとけと言われる理由6選を紹介します。

立地選択が難しい

ラーメン屋の成功には、適切な立地選びが欠かせません。しかし、繁盛する場所を見つけるのは非常に難しく、また競争率も高いので、特に初心者にはハードルが高いです。

「立地は良いけど家賃が高い」、「立地は良いけど近所に競合店がある」、「家賃が安くて競合店もないけど立地が悪い」など、土地にはそれぞれ長所と短所があり、理想の土地に出会える確率は決して高くありません。

資金を準備するハードルが高い

ラーメン屋の開業には、初期投資や運転資金が多く必要です。物件取得費、内装工事費、運転資金など、すべてを準備するのは簡単ではありません。十分な資金がないまま開業すると、経営が行き詰まるリスクが高まります。

商品の魅力を維持するのが難しい

競争が激しいラーメン業界では、他店と差別化できる魅力的なメニューが必要です。顧客の期待に応え続けるためには、常に新しいメニュー開発や品質管理が求められます。これを怠ると、リピーターの獲得が難しくなります。

接客力が求められる

飲食業はサービス業でもあり、店主やスタッフの接客態度が重要です。明るく元気な接客ができないと、どれだけラーメンの味が良くてもお客様は中々再訪してくれません。

宣伝が不足しがち

どんなに良いラーメンやサービスを提供しても、知名度がなければお客様は来ません。効果的な宣伝やマーケティングをおこなうことで、初めて集客が可能になります。開店時のプロモーションやSNSの活用など、戦略的な宣伝活動が必要です。

そもそも廃業率が高い

飲食業界の大手ポータルサイト『飲食店.com』によれば、閉店した飲食店の営業年数の

業態別割合は以下となっています。

飲食店.comより引用

ここで注視したいのは、「ラーメン」業態の40%が1年以内に廃業していることです。さらに、同じくラーメン業態の店舗は3年以内に70%が廃業、6年以内に80%以上が廃業しています。

他の「洋食」「和食」「フランス料理」の業態と比べると、ラーメン業態の廃業するスピードがかなり早いことがわかります。

ラーメン屋はやめとけとも言えない理由

ここまでの内容を踏まえれば、「ラーメン屋を開業するメリットなどないのではないか?」と思う人もいるかもしれませんが、決してそのようなことはありません。

そこでここでは、ラーメン屋はやめとけとも言えない3つの理由を解説します。

自分の好きなラーメンを作れる

ラーメン好きの人の中には、店舗で食べるだけでなく、自宅で自分の理想のラーメンをいちから作る愛好家もいます。自分でラーメン屋を開業する人の中には、そういったこだわりの強い人も少なくないでしょう。

だからこそ、麺やスープ、トッピングの具材など、徹底的に自分のこだわりを詰め込み、理想のラーメンを作れることは、大きなやりがいを感じるはずです。

また、苦労して自分が開発したラーメンが多くの人に愛されることで、さらに大きな満足感を得られるでしょう。

収入アップ

ラーメン店の成功は、大幅な収入につながることがあります。ラーメン屋のオーナーは事業主ですから、売上が増えるほど自分の収入も増えます。

経営が軌道に乗れば、一般的なサラリーマンの年収の数倍もの収入を得ることも不可能ではありません。人気店のオーナーであれば、年収1,000万円を超える収入を得ることもあるのです。

ただし、初期投資や経営に伴うリスクも存在するので、綿密な事業計画と日々のたゆまぬ努力が不可欠であることは言うまでもありません。

ストレスからの解放

会社員として働くときには、上司や同僚との人間関係や長時間労働、ノルマ、クライアントからのプレッシャーなど、様々なストレスに直面することがあります。

しかし、ラーメン店を開業すれば、こうしたストレスから解放される可能性があります。自分のペースで働き、自らの裁量で経営をおこなうことで、より自由で充実した働き方を実現できるでしょう。

ラーメン屋の開業ならフランチャイズがおすすめ

ラーメン屋を開業する際には、「個人開業」と「フランチャイズ開業」の2つの選択肢があります。ここでは、店舗が潰れるリスクを減らすために、フランチャイズ開業をおすすめする理由を3つご紹介します。

集客のしやすさ

フランチャイズの最大のメリットは、「集客のしやすさ」にあります。フランチャイズでは、本部のブランド力を活用して効果的な宣伝ができるため、既存のファンを呼び込むことが可能です。

また、他のフランチャイズ店舗で成功した販売戦略を共有できるため、個人開業に比べて集客が容易になります。

スムーズな開業プロセス

個人でラーメン屋を開業するには、市場調査や競合調査、物件探し、コンセプト作り、資金調達、マーケティング、設備の調達、人材募集など、多くの作業が必要です。

これらの作業をすべて自分でおこなうのは大変ですが、フランチャイズでは多くのサポートが受けられるため、スムーズに開業することができます。

品質の確保

フランチャイズのラーメン屋では、すでに市場に流通していて高品質が実証されたレシピをそのまま採用できるので、メニュー開発にかかる時間やコストを節約できます。すでにファンがついているメニューを提供することで、集客の面でも有利になるでしょう。

ラーメン店のフランチャイズなら麺屋・國丸

フランチャイズの本部選びでは、市場のニーズ、ブランドの強み、初期投資額、ロイヤリティ額、サポート体制など、多角的な企業分析が必要です。そして、中でも特に重要なのが看板メニューの味です。

その点、麺屋・國丸は味噌ラーメン専門店であり、高い需要がありながら競合が少ない「味噌ラーメン」という「隠れたブルーオーシャン」を狙うことができます。

味噌の管理ノウハウ、調理技術、運営ノウハウを提供しており、開業後も全面的にバックアップしています。ラーメンのフランチャイズ開業に興味がある方は、ぜひ麺屋・國丸にお問い合わせください。

お知らせ一覧へ